タクシードライバー(乗務員)になるなら、名タク!知多半島最大級のタクシー会社 名鉄知多タクシーの求人募集サイトです

名鉄知多タクシー株式会社

MEITETSU CHITA TAXI RECRUITING

先輩インタビュー

Profile-プロフィール-

土平 利恵子(60代)

専業主婦からの再就職

雇用形態
正社員
勤続年数
勤続26年
出身地
知多郡阿久比町

専業主婦から女性ドライバーのパイオニアへ。
子育てをしながら勤続26年。今では班長として活躍しています。

入社前はどんな仕事でしたか?タクシー業界への転職に不安はありませんでしたか?
専業主婦からの転身。会社のフォローもあり、子育てしながらでも働けました。

入社前は専業主婦でした。女性であり、子供を育てながら仕事を続けられるのか不安でしたが、当時ではまだめずらしいフレックスタイム制が導入されていたこともあり、子供の学校行事があるときには融通を利かせてもらっていました。今では女性社員が15名ほど増え、女性でも働きやすい職場です。

道はすぐに覚えられましたか?
まだカーナビがない時代。地図がボロボロになるまで見て覚えました。

毎日ボロボロになるまで地図を見て、近場の道は4か月くらいで覚えることができました。観光の送迎などで県外へ行くときは、当時はまだカーナビがなかったので、休日を利用して下見にも行きました。高山や山梨の方まで行ったこともありますよ。

入社してから苦労したことは何ですか?どうやって乗り越えましたか?
当時は女性ドライバーが少ない時代。安心・安全を心がけました。

入社した頃は女性ドライバーが少なく、お客様が不安に思われることもありました。だからこそ、安全・安心を心がけ、お礼をしっかり伝えることを意識しました。後部座席のシートベルト着用が義務化されてしばらく経ち、最近ではお客様自らシートベルトを締めていただけるようになりましたが、そうした些細なことにも「ありがとうございます」とお礼を伝えるようにしています。

仕事をするときに心がけていることやこだわりは何ですか?
まずは無事故・無違反であること。そして女性ならではの接遇です。

まずは無事故・無違反であることを心がけています。あとは女性ならではの接遇です。プライベートも兼ねて観光地へ行った際には、その土地の観光パンフレットを収集して、おみやげ屋さんや飲食店の情報をストックするようにしています。それを女性のお客様におすすめすると、とても喜ばれるのがうれしいですね。

お休みの日は何をして過ごしていますか?
自分の時間を大切にしつつ、仲間との時間も楽しく過ごしています。

週に一度は市営プールで水中歩行をしたり、家でストレッチをするなど、身体をリフレッシュさせる時間を設けています。また、月に一度は会社の班員とボウリングをしたり、会社の釣りクラブでは年に2~3回の船釣りをしたり、仲間と過ごす時間も楽しいですね。

稼げますか?また稼ぐためにどんな工夫をしていますか?
自分の人生に目標があるなら、名鉄知多タクシーはおすすめです。

ハードな仕事でもありますが、休まないで続けることですね。毎日の積み重ねが確実に営業収益に繋がります。あとは朝・昼・夜の時間帯や曜日によって、待機台数の少ない場所や仕事の出そうな場所を考えながら移動すること。自分の人生に目標があるなら、他社に比べ稼げる名鉄知多タクシーはおすすめだと思いますよ。

この仕事を続けていて嬉しかったことは何ですか?
子供にも自慢できる仕事になったこと。

子供が学校の宿題で、名鉄知多タクシーのツートンカラーの車両を絵に描いてくれたことは、今でも忘れられない思い出です。

お気軽にお問い合わせください

採用のお問い合わせ

  • TEL:0569-21-2780(本社採用担当)
  • mail:info@chitataxi.co.jp